親知らずが横から……。

私は小さい頃からあまり歯医者に通ったことはなく、歯の治療とは縁のない生活を長い間してきました。しかし、ある日急に奥歯の方に痛みを感じるようになり、だんだんと激痛に変わっていきました。

 

すがるように江坂の歯医者に駆け込み、診察でレントゲンを撮ってもらうと、「親知らずが横から生えてきていますね」と先生がおっしゃいました。下側の親知らずの1本が横から生えて、隣の奥歯を押すことで激しく傷んでいたのです。

 

その親知らずは表面を削って銀歯を入れることになり、治療の際も痛みがあって大変でした。それだけならばまだよかったのですが、じつはこのとき他の歯にも虫歯が多数見つかってしまいました。その結果、歯の治療に半年近くの期間と多大な治療費がかかることになってしまったのです。

 

自分は虫歯になりにくい人間なんだと思っていたのはただの思い込みだったことがわかり、すごく落胆したことを覚えています。それからは定期検診などもかかさず行くようにしています。